MENU

会のロゴと会の愛称AEGISについて

会のロゴについて

会のロゴは、持針器を持った外科医の手とエーデルワイスをモチーフにしました。エーデルワイスの名前は、ドイツ語で「高貴な」という意味の「edel(エーデル)」と「白」を意味する「weiß(ヴァイス)」からきています。

エーデルワイスは古くから消化器・呼吸器疾患の処方薬として利用されてきた歴史があります。

高潔な志を持って消化器外科を極めんとする医師の象徴としてこのデザインを選びました。

会員の皆様にはピンバッジをお配りしております。日々の臨床の場において、また学会出席の際にもバッジをおつけいただきまして、会を応援して下さいますようにお願い申し上げます。

会の愛称 AEGIS-Women の AEGIS(イージス)とは

AEGIS とは、ギリシャ神話の女神アテナが持つ防具のことです。

アテナはゼウスと知恵の神・メティスの娘で、知恵や芸術とともに戦略を司る、美しい女神です。ゼウスの頭から、甲冑を見につけ、槍と盾を持って完全武装して生まれてき ました。

イージスという言葉は「山羊革」という意味を持ちます。イージスはゼウスに乳を与えた牝山羊アマルテイアの革でできていて、ゼウスの雷霆によっても傷をつけることができないほどの防御力を持っています。形状は盾という説もありますが、胸当てや肩当てのようなものであったともいわれています。イージスは米国の艦艇イージス艦の名前の由来にもなっています。

英雄ペルセウスはアテナから借りた黄金の盾や翼を持つサンダルの助けを得て怪物メドゥーサを退治します。ペルセウスは持ち帰ったメドゥーサの首をアテナに捧げ、アテナはその首をイージスの盾にはめこみました。見たものを石に変えるメドゥーサの首の魔力が加わったことで、イージスはギリシャ神話最強の防具となりました。すなわち、イージスの盾はありとあらゆる災いや邪悪を跳ね返す強力な魔除けの力を持つ防具なのです。

また、アテナは人間たちに様々な知恵や技術を教えた神として奉られるようになりました。織物、陶器、冶金、医術、航海術といった技術や、音楽、彫刻、建築といった技芸はすべてアテナによってもたらされたものといわれています。

消化器外科に貢献する人材を戦略的に育成することをめざして、知恵と戦いの女神アテナの最強 防具「AEGIS」を会の愛称とすることにいたしました。

(参考文献)

  • ギリシャ神話とオリンポスの神々 世界の神話と伝説研究会編 竹書房
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 星と星座 渡部潤一監修 講談社
  • 世界を読み解くためのギリシア・ローマ神話入門 庄子大亮 河出書房新社
  • ギリシャ神話集 ヒュギーヌス 松田治・青山輝男訳 講談社
  • 完訳ギリシア・ローマ神話 上・下 トマス・ブルフィンチ 大久保博訳 角川書
  • ギリシア神話 神々と英雄に出会う 西村賀子 中央公論新社
  • 一冊でまるごとわかるギリシア神話 吉田敦彦 大和書房
  • ギリシア神話 ふしぎな世界の神様たち 小沢章友 集英社
  • ギリシャ・ローマの神々と伝説の武器がわかる本 かみゆ歴史編集部 角川学芸出版